平成28年度 事業計計画


1 文化財保護普及事業

(1)文化財保護功労者表彰

北海道の文化財保護に功労のあった個人・団体に「文化財保護功労賞」を贈って、その功績をたたえる。

期 日
平成28年10月27日(木)
会 場
札幌市かでる2・7ビル
受賞者
個人・団体

(2)子どもの文化財愛護活動推進事業

次代を担う児童生徒に対し、地域の文化財に直接触れる機会を提供し、身近な文化財への理解を深めさせるとともに、地域の生活文化の伝承や文化財を愛する心を育て文化財愛護活動の普及・啓発を図るため、地域と連携し「子どもの文化財愛護活動」事業を実施する。

※次の市町村において実施予定(豊浦町、札幌市、江別市、士別市)

(3)広報紙「文化情報」の発行

355号~360号(隔月)
発行部数  1,600部
配布先  会員、各教育委員会、教育関係機関、道内高等学校等
※今年度(5月号)から紙面をA判に変更。

(4) 機関誌「北海道の文化」の発行

機関誌「北海道の文化」を発行し、関係機関に配布する。
89号(平成29年3月)年1回 1,200部を発刊する。
配布先 会員、各教育委員会、教育関係機関、道内高等学校等

(5)文化財めぐり

ア)日帰り文化財めぐり(1日)

石狩・厚田・浜益・増毛の文化財めぐり

期 日
平成28年8月27日(土)
募集人員
40名

イ)道外文化財めぐり(道外3泊4日)

前奈良国立博物館学芸部長西山 厚 氏(帝塚山大学文学部教授)の監修による奈良の歴史探訪の旅

期 日
平成28年11月12日(土)~15日(火)
視察先
東大寺、興福寺、法隆寺、奈良国立博物館、高松塚古墳、他募集人員40名

(6)文化財講演会

弟1回

期 日
平成28年6月11日(土)
会 場
赤れんが庁舎2階1号
講 師
北海道博物館 学芸員 春木 晶子 氏
演 題
「江戸のエゾ像について」
募集人員
90名

弟2回

期 日
平成28年7月21日(木)
会 場
札幌市 豊平館
講 師
札幌市立大学 教授 羽深 久夫 氏
演 題
「蘇った豊平館」
募集人員
90名

第3回

期 日
平成28年10月12日(水)
会 場
札幌市 かでる2・7ビル
講 師
高木崇世芝 氏
演 題
「松浦武四郎の生涯~北海道を中心として~」
募集人員
90名

第4回

期 日
平成29年2月予定
会 場
札幌市 かでる2・7ビル
講 師
「未定」
演 題
「未定」
募集人員
90名

(7)文化財を生かした絵手紙講座

大人を対象にして、文化財等の学習会を行い、それを題材にした絵手紙講習会を行う。

期 日
平成28年10月29日(土)
会 場
札幌市 赤れんが庁舎及びかでる2・7ビル
募集人員
20名

(8)情報交流広場展示(かでる9階生涯学習協会ガラス展示場)

(1)

期 日
平成28年8月1日(月)~8月15日(月)
内 容
「文化財あったかイラスト展」
作 者
菅原 清貴 氏

(2)

期 日
平成28年8月16日(火)から8月31日(水)
内 容
「レコードジャケットでたどる1960年代の音楽史」
作 者
松本 昇 氏

(9)紀伊國屋札幌本店書店1階のインナーガーデンでのトークショーの実施

期 日
平成28年8月20日(月)
内 容
「ポピュラー音楽&文化財めぐり」上記展示に係るトークショーを実施する。
コメンテーター 田山 修三(当協会理事)
コメンテーター 松本  昇(当協会理事)

(10)関係団体が実施する事業の後援

北海道高等学校文化連盟第51回全道高等学校郷土研究発表大会後援
(財)日本民謡協会民謡民舞北海道道央連合大会後援

(11)インターネットを活用した情報提供事業

ホームページを充実して文化財保護に関する資料や情報などを迅速に提供して、地域の様々な活動を支援していくため、情報の拠点としての体制を整備していく。

2 組織の充実

組織の拡充・強化(個人、団体、賛助会員の獲得)
事業の見直し、改善と新規事業の開発等に取り組む

3 会議の開催

(1)通常総会

期 日
平成28年6月11日(土)10:30~
会 場
赤れんが庁舎2階1号

(2)役員会

年三回予定(文化財保護功労者表彰選考委員会を含む。)

(3)常任理事会

年二回を予定(必要に応じて開催する。)

(4)顧問会議

必要に応じて開催する。

(5)編集委員会及び旅行企画委員会

年12回開催

(6)活性化委員会

必要に応じて開催

(7)法人化検討委員会

必要に応じて開催

「文化遺産を活かした地域活性化事業」の実施(文化庁補助事業)

北海道文化財保護協会は、一般社団法人 北海道建築士会、NPO法人歴史的地域資産研究機構の三団体で実行委員会を組織し、次の事業を実施する。

事業名
「文化遺産を活かした地域活性化事業」
事業主体者
北海道文化遺産活用活性化実行委員会
実施期間
平成28年4月1日~平成29年3月31日
総事業費
664万
実施内容
  • 地域性を考慮したヘリテージマネージャー等の育成のための制度設計及び認定試験の実施
  • 歴史的地域資産の保存活用の検討と推進のための普及啓発事業
  • 歴史的地域資産の現況及び将来資産の調査

その他

実行委員会名

会  長
NPO法人歴史的地域資産研究機構代表 角 幸博氏
副会長
(一社)北海道建築士会函館支部長 山内 一男氏
事務局長
北海道文化財保護協会事務局長 高久 忠明氏
監  査
(一社)北海道建築士会事務局長 石川 淳一氏