赤れんが庁舎物語の英語表記は、記載のQRコードで読み取って下さい。

お知らせ

2020.12.01

しめ飾りづくりと凧づくり体験教室を開催します。しめ飾りづくりと凧づくりチラシ

2020.12.01

令和2年度第2回文化財講演会を開催します。文化財講演会チラシ

2020.10.23

かでる2・7ビル9階まなびの広場において、北海道文化財保護強調月間「世界文化遺産をめざす北海道・北東北の縄文遺跡群」のパネル展と当協会のかでる展示を開催しています。

(展示期間)令和2年10月16日~10月30日まで

2020.08.21

縄文遺跡群 ボランティアガイド養成講座の開催について縄文遺跡_ボランティアガイド養成講座募集

2020.08.21

2020年度 北海道ヘリテージ・マネジメント専門職育成講座の開催についてヘリテージ・マネージメント専門職育成講座募集

文化財とは


インフォ

文化財とは

文化財は、人類が長い歴史の過程においてつくり出し、祖先から伝えてきた文化遺産や、学術価値の高い動植物、地質鉱物などを総称して文化財といいます。
文化財はわが国の歴史や文化の正しい理解に欠くことのできないものであるとともに、将来の文化の向上発展の基礎をなすものであります。

文化財愛護シンボルマーク

インフォ文化財愛護シンボルマークは、文化財愛護運動を全国に推し進めるための旗じるしとして、昭和41年5月に定められたものです。

このシンボルマークは、ひろげた両方の手のひらのパターンによって、日本建築の重要な要素である斗栱(組みもの)のイメージを表し、これを3つ重ねることにより、文化財という民族の遺産を過去、現在、未来にわたり永遠に伝承していくという愛護精神を象徴したものです。