赤れんが庁舎物語の英語表記は、記載のQRコードで読み取って下さい。

お知らせ

2019.11.08

令和元年度子どもの文化財愛護活動推進事業「昔のくらしと和文化体験」の実施について凧づくりと昔のくらし体験学習チラシ

2019.10.16

北海道遺産第3回選定記念講演会の開催について記念講演会チラシ

2019.10.10

2019年度地域の文化財普及啓発フォーラムの開催について北海道の古代集落遺跡

2019.05.23

・文化トークショー「歌で綴る~名作歌舞伎の世界~」の開催について2019・7・14インナーガーデンチラシ

2019.05.23

・道外文化財めぐり~十勝開拓の祖「依田勉三」のふるさと東静岡の文化遺産を訪ねて~の実施と参加者募集について2019年道外文化財めぐりチラシ

文化財とは


インフォ

文化財とは

文化財は、人類が長い歴史の過程においてつくり出し、祖先から伝えてきた文化遺産や、学術価値の高い動植物、地質鉱物などを総称して文化財といいます。
文化財はわが国の歴史や文化の正しい理解に欠くことのできないものであるとともに、将来の文化の向上発展の基礎をなすものであります。

文化財愛護シンボルマーク

インフォ文化財愛護シンボルマークは、文化財愛護運動を全国に推し進めるための旗じるしとして、昭和41年5月に定められたものです。

このシンボルマークは、ひろげた両方の手のひらのパターンによって、日本建築の重要な要素である斗栱(組みもの)のイメージを表し、これを3つ重ねることにより、文化財という民族の遺産を過去、現在、未来にわたり永遠に伝承していくという愛護精神を象徴したものです。