乗り越えた天寿


乗り越えた天寿

内容 大正の世に三笠市で生をうけ農業と国鉄勤務。やがて一家で満 州開拓に夢を托す。ここの軍隊で大敗戦。脱走、使役、抑留、収容所と引き揚げ、炭鉱と労組、生協、日本除雪機の倒産と労組が再建へ。次々と起こる激動の昭 和を英知と決断、要領で駆け抜く。平成の現在、工業体制や住民と夢を語り町づくりに精進する戦中派のしたたかさ。抜群の記憶力と刀剣に及ぶ各種技能・資格 は多くの略図や地・人名を使い当時の衣食住を再現して見せる。
著者 平木 重男
発行所
発行日 平成23年8月
体裁 B6判 341頁
備考 1200円(本体)